05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.06/11(Tue)

■読まなきゃ人生損する!並みにオススメな本、コミュニケーション術を学ぶ。 このエントリーをはてなブックマークに追加

★コミュニケーション術を学ぶのにオススメの書籍。


こんばんは!

がけっぷち課長です。

いつもお読み頂き、ありがとうございます!


自分の中にインプットしたものをアウトプットする事で、
知識をより強固にし、価値を高めていきます。
その中であなたにも気づきがあれば幸いです。
人間力を養成していきビジネスマインドを高めていきましょう。




さて、実は僕の趣味は読書です。

5年間で1,000冊以上は読んでいると思います。

ビジネス書から自己啓発書、小説、漫画、

なんでもござれです。笑

今日はそんな中から、厳選した本のご紹介です。

シリーズ化しよっと。笑




さて、社会で生きていく中で

避けては通れないのが人とのコミュニケーション

正直、コミュニケーション能力があれば、

たいていの事はうまくいきます。

いくら仕事ができる人でも、コミュニケーションに祖語があると、

それだけでできない人の烙印を押されちゃうんですね。

逆に、仕事ができなくてもコミュニケーション能力があれば、

仕事ができるように見えちゃう
んですよね。

世知辛い世の中です。笑




コミュニケーション能力は元々のセンスも多々あると思いますが、

学んで身につくものでもあります。

いや、センスがない人は、学ばなければ絶対に身につかないものでしょう。

もし、今あなたが

・人とのコミュニケーションに苦痛を感じている、

・もっとコミュニケーションがうまくなりたい

・楽しい人間関係を構築したい


と感じているのであれば、

以下のオススメ書籍が絶対に役に立つと思います。




■誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方66のルール



この本は非常にわかりやすく、それでいて精神論ではなく

技術的なことを教えてくれます。

例えばP52にある、

話に詰まったときの脱出法。


とにかく「共感の言葉」を繰り出す。


相手 「携帯電話を落としてね。落としてはじめてわかったけど、
    自分の携帯の番号って覚えていないものだね。」

あなた 「うわあ、それは困りましたね」

相手 「ええ、慌てましたよ・・・」

あなた 「・・・・・」


こういうときは、しばしの沈黙のあと、もう一度、別の共感の言葉を送ってみてください。

「困りましたね」は使いましたから、そのあとは、「意外と覚えていないものですね」

「慌てますよね」などという言葉でいいでしょう。


相手 「ええ、慌てましたよ・・・」

あなた 「・・・・・」

相手 「・・・・・」

あなた 「意外と覚えていませんね」

相手 「ええ、そうなんです」

あなた 「それは慌てたでしょう」

相手 「そうです。それでいい方法を思いつきまして、知り合いに電話で自分の番号を
     教えてもらうと、ひらめいたのですよ」

あなた 「その手がありましたね!」

相手 「ただ、その知り合いの番号がわからなくて」


このように、もう一度、共感の言葉を送りゆっくり待つことで、

相手の話を引き出せることがあります。

今度話に詰まったら、一度チャレンジしてみてください。

こんな感じで、あぁ、確かに!と思えるルールが66のっています。

会話を続けるには、ある一定のルールが存在します。

それを知っていると知らないでは、今後のコミュニケーションに差が出てくると思いますので、

是非チェックしておきましょう。




■しゃべる技術 仕事力が3倍あがる話し方の極意

amazonの「話し方・プレゼンテーション部門」で1位をとった本です。

1位をとった本ってどれだけ凄いんだろうという期待の元読んでみました。

しゃべる技術って、今まで教わったことないんですよね。

コミュニケーションが大事だというのは誰でも理解しているのに、

それを学校で教えようとはしない。

だから自ら学んだ人と、何も学ばずにきた人とでは

大きく差がついてしまうわけです。

ビジネスに必要なトーク術が詰まっています。

今以上に成功を収めたい方には、必須の一冊だと思いました。

会話のポイントは、着地力と連想力。

この2つをおさえることで、多少ぎくしゃくしても、

落としどころを間違わずにすみます。


ちなみに、この本に書いてありましたが、

社会に出てからコミュニケーションを学んだ人とそうでない人では、

年収に約2倍の開きがあったと、

ハーバードビジネススクールの調査で分かったそうです。




■ウケる技術


これを書いたのは、夢を叶えるゾウで有名な水野敬也氏です。

この本では、笑いの場面を分析し、本当に技術書として、

色々なテクニックを教えてくれます。

そして、単純に面白いです。

色々なテクニックを、笑いを交えて紹介していますので、

参考にするもよし、普通の読み物として読むのもよし。




ということで、今日は3冊紹介しました。


コミュニケーションスキルは、成功するにあたって

無視できない部分です。


でも、学ぶことで技術は磨かれていきます。

センスがないと諦めないで、少しずつ努力していきましょう。





(*^o^*)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : マインドセット,仕事,人間力,ビジネスマインド,読書,,

22:03  |  【厳選オススメ書籍】  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kigyokariman.blog.fc2.com/tb.php/334-8f775d32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。