07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.02/26(Tue)

■集中が持続する時間を考慮した短時間集中法で一段階上の結果を創る。 このエントリーをはてなブックマークに追加

短時間集中法 

こんばんは!

起業家りーまん。です。

いつもお読み頂き、ありがとうございます!


自分の中にインプットしたものをアウトプットする事で、
知識をより強固にし、価値を高めていきます。
その中であなたにも気づきがあれば幸いです。





さて、人の集中できる時間って、いったい何分でしょう?

諸説がありますが、

医学的には45分間と言われています。




45分と聞いて、あなたはどう思いましたか?

意外と短いですよね。

年齢によって集中力の持続時間は違うとされています。

だいたい45分~90分くらい。




思い出してみれば、小学校の時の授業は45分でしたよね。

それから成長するにつれて授業の時間も伸びていき、

大学の授業はたしか90分でした!




学生時代はかったるいな~なんて思ったりもしていましたが、

実は理に適っていたのですね!




学習したり、仕事をしたりするときに、

人は集中します。


集中することによって、より学習効果が高まったり、

仕事が効率よく進んだりするのです。




そして、集中の持続時間。

最大でも90分間。

であれば、90分ごとに休憩をとると効率的に集中できますか?




いいえ、もちろん120分、180分など連続で進めるよりは、

90分ごとに休憩を取る方が効率的です。

しかし、それ以上に効率的に集中できる方法があります。

それは、

15分毎に区切ること。




脳は90分集中するよりも、

15分集中するのを4回繰り返す方が、集中できます。




15分×4>>90分




仕事をするにせよ、勉強をするにせよ、

短時間で集中することを繰り返す方が、

結果的に効果は高まるのです。




限られた時間内で結果を出さなければいけないビジネスマンは、

日々効率よく時間を管理していきましょう。





(*^o^*)




人気ブログランキングに参加しています。
役にたった、共感できたと感じたら、
応援クリックをお願いします。


起業家志望 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 成功する為に必要な事 - ジャンル : ビジネス

21:18  |  起業家のための  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kigyokariman.blog.fc2.com/tb.php/188-835f40b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。