05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.02/19(Tue)

■不思議の国の返事のできない子供たち。 このエントリーをはてなブックマークに追加

返事 

こんばんは!

起業家りーまん。です。

いつもお読み頂き、ありがとうございます!


自分の中にインプットしたものをアウトプットする事で、
知識をより強固にし、価値を高めていきます。
その中であなたにも気づきがあれば幸いです。





イマドキの子は・・・

なんて言葉をよく聞きませんか?

今日は教育研修のセミナーに行ったのですが、

まさに、この言葉を吐きそうになるくらい

結構な衝撃を受けました。

これはシェアしなければと思い、

投稿予定だった記事を変更して書いています。




「〇〇さん。」

と呼ばれた時、あなたはどう返事しますか?

おそらく、

「ハイ。なんでしょうか?」

と答えるのだと思います。




察しのいいあなたは気づいているかもしれませんが、

今日は返事の大切さについてです。

この、

「ハイ。」

という返事ができない子が増えているそうです。




習慣として、

返事をすることをしっかりと叩き込まれなかった子供は、

そのまま成長して、返事のできない大人になってしまいます。

もちろん、成長の過程で、返事の大切さや周りのアドバイスによって、

気づかされることもあります。

気づければ幸せなことですね。




なぜ返事ができないのかと言うと、

子どものころに、

「ママー(*^o^*)」

と親が呼ばれたときに、

「ハーイ。なあに?」

ではなく、

「なあに?」

と答えてしまうことによって、

返事=なあに?

認識してしまうんです。




そう認識してしまった子どもは、

「〇〇ちゃん」

と呼ばれたら、

「なあに?」

と答えます。何度繰り返しても同じ結果だそうです。




子どものころに矯正されればいいのですが、

そのまま大人になり、社会に出てしまっては困ることになります。

「〇〇さん。」

と呼ばれて、

「なんですか?」


と質問で返していませんか?




気持ちのよい、

「ハイッ。」


という返事は、それだけで相手にいい印象を与えます。

それは一つの武器となります。





あなたはどうでしょうか?

あなたの周りはどうでしょうか?

返事のできない子がいたら、きちんと伝えてあげてくださいね。




(*'-'*)




人気ブログランキングに参加しています。
役にたった、共感できたと感じたら、
応援クリックをお願いします。


起業家志望 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 成功する為に必要な事 - ジャンル : ビジネス

タグ : 教育研修,イマドキ,返事,成長,認識,矯正,印象,武器,

22:19  |  起業家のための  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kigyokariman.blog.fc2.com/tb.php/181-aeda2ac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。