05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.12/15(Sat)

■1番ではなく、2番を目指すべきなのか。 このエントリーをはてなブックマークに追加

社長の責任 

こんばんは!

起業家りーまん。です。

いつもお読み頂き、ありがとうございます!


自分の中にインプットしたものをアウトプットする事で、
知識をより強固にし、価値を高めていきます。
その中であなたにも気づきがあれば幸いです。





経営者の方とお話をする機会がありまして、

なるほどな、と思った内容でしたので、シェアしようと思います。




1番と2番の違い。




「俺は、1番ではなくて2番を目指しています。」

以前、そんな事言っていた人がいました。




何故、1番ではなくて2番を目指しているのか、

その理由を聞いてみると

「1番だと、もう上がいないからどうしても安心感が生まれてしまう。
 2番でいれば、まだ自分よりも上がいるということだから、
 そこに向かって努力しようと思える。
 そうれすれば、自分はもっともっと良くなれる。」


とのことでした。




たしかに、その時は納得しました。

なるほど、常に自分より上位がいると思っていれば、

そこに追いつき追い越そうと努力できる。

1番よりも、2番でいる方が努力できるかも。

そう感じたんです。




でも、先日のある経営者との話の中で、

 
1番と2番は、全然違うのだなと思いました。




やはり、1番というのは、トップであって、

意思決定者です。

会社でいえば、社長が1番ということになります。

その経営者の方は、最初からトップというわけではなく、

13代目(?)と言っていました。

色々な役を経験し、専務取締役を務め、

ようやく社長の座についたわけです。




その社長が感じたことは、

今までと責任の重さが全然違うという事。

責任をとるのは、最終的には1番なんです。




専務をしていた頃だって、

手を抜いていたわけではなく、それなりの責任を負っていましたが、

でもやっぱり後ろには社長が控えていました。

社長になってみて、2番から1番になってみて、

初めてわかる重圧・プレッシャー。




その重みは、1番になったものしかわかりません。

しかし、その中から、覚悟がうまれます。




覚悟の違い。


それが、1番と2番の決定的な違いなのです。




覚悟もないのに、偉そうに口だけを出すのが、

一番やってはいけないことです。


それは自分の身を安全なところに置いているのと一緒です。




2番でいい。


そういう人は、まだまだ責任をとる覚悟が

足りないのかもしれません。





(。-`ω´-)




人気ブログランキングに参加しています。
役にたった、共感できたと感じたら、
応援クリックをお願いします。


起業家志望 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 成功する為に必要な事 - ジャンル : ビジネス

23:42  |  起業家のための  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kigyokariman.blog.fc2.com/tb.php/122-c4f0b04c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。